ヤマシタシの自宅カクテル

ヤマシタシが自宅で作れるカクテルを紹介します

【シェーク動画】【自己流】ヤマシタシ的カクテルの作り方

f:id:cix13045:20190326115058p:plain

カクテルの由来

 Cocktailとはおんどりの尾となりますが、なぜ飲み物がこのように呼ばれるようになったのかは諸説あります。

 鶏の羽根を使って材料を混ぜたことが、誤って飲み物の名前として伝わったという説が多いです。また、カクテルを作った男の名からとったという、人物名に由来する説も存在しています。

 

カクテルの種類

 カクテルの種類は大きくショートドリンクとロングドリンクに分けられます。

 ショートドリンクとは、シェークすることで冷やし、足のついたグラスに注がれるものです。カクテルではこの種類が一番多いです。分量は60mlほどです。

 ロングドリンクとは、大型のグラスに作られて、氷を入れていつまでも冷たくしておくものです。分量はグラスによってまちまちです。

 

カクテルの考え方

 ここからはヤマシタシ的な考えが中心になっていきます。

 

●カクテルの総量は60ml 

 1つ目は材料の総量は60mlにすることです。理由としては多くのショートドリンクがこの総量になっていること、単に覚えやすくするためです。ロングドリンクの場合も炭酸水などで割る前にシェークしますが、その時のシェークする総量は60mlになるように調整しています。

 

【追記】分量比は2つの場合は2:1、3つの場合は1:1:1

  2つ目は材料の比は2つの場合は2:1、3つの場合は1:1:1にすることです。ヤマシタシ的カクテルの最も肝となる部分であり、覚えてほしいところです。基本的にはスピリッツを最も多く入れます。残りはリキュールや生クリームなどの副材料を入れます。しかし、リキュールの他に強めにしたい味がある場合などは、その味を30ml入れるようにします。

 例えばルシアンを作る場合ですが、1:1:1の比(総量60ml)を覚えておけば、自動的にジンが20ml、ウォッカが20ml、カカオリキュールが20mlと計算ができます。

●ルシアン

・ジン・・・20ml

ウォッカ・・・20ml

・カカオリキュール・・・20ml

 

 

【追記】分量比は4つの場合は2:1:1:1

  分量比ですが、4つの場合は3:1:1:1にすることです、と言っていましたが、それではベースの30mlの味が強くなりすぎます。そこで分量比は2:1:1:1に変えました。こうすることで、ベースの味を抑えつつ、他の味を強めることができます。2:1:1:1で総量が60mlだと24:12:12:12になるのでメジャーカップでの計量がかなり難しくなります。しかし頑張って計量しましょう。

 

●【追記】レモンジュースの使い方

 カクテルで使うレモンジュースって使い方が難しくないですか。

 とにかく味が酸っぱいんですよ。特にショートドリンクのときは、カクテルの味を引っ張ってしまうのでいつもどう使うか悩んでいます。ヤマシタシ的には入れた材料の味をちゃんと全て感じられて、なおかつ調和しているのがベストだと思っています。

 レモンのフレッシュな酸っぱさが好きな方もいると思います。ですが、ヤマシタシは甘いものが好きなので少し酸っぱすぎます。それをどう扱っているか紹介しようと思います。

 レモンジュースとシュガーシロップを混ぜて使うことです(グレナデンシロップも可) 。例えばレモンジュース15mlの分量だったとします。これをヤマシタシ的にはレモンジュース7.5ml、シュガーシロップ7.5mlになるようにします。こうすればレモンジュースの味を抑えつつ、甘みを足すことができます。またレモンのフレッシュな風味も感じます。

●ペシェグルト

・ヨーグルトリキュール・・・24ml

・ピーチリキュール・・・12ml

・生クリーム・・・12ml

・レモンジュース・・・6ml

グレナデンシロップ・・・6ml

 

●ヤマシタシのシェーク動画


ヤマシタシのシェーク@旅BAR

 

ヤマシタシ的こだわり

・カクテルの分量は足して60ml

・分量比は2つの場合は2:1、3つの場合は1:1:1、4つの場合は2:1:1:1

・レモンジュースとシュガーシロップを1:1で混ぜて使う

【オリジナルカクテル】ビーズーム

f:id:cix13045:20200510210213j:image

●ヤマシタシ的レシピ

・ブランデー・・・20ml

ベネディクティンDOM・・・20ml

・生クリーム・・・20ml

 

●ヤマシタシ的作り方

 全ての材料をシェークするだけです。シェークに使う氷はかち割氷を使いましょう。生クリームを使うのでよくシェークしましょう。

 材料の総量と比率ですが材料が3つなので、以下のルールを守ります。

 ・材料の総量は60ml

 ・材料の比率は1:1:1

 今回もブランデー20ml、ベネディクティンDOM20ml、生クリーム20mlで総量は60ml、比率は1:1:1になっています。

 

●ヤマシタシ的感想

 ズームの蜂蜜の代わりにベネディクティンDOMを使ったものです。

 味はベネディクティンDOMの蜂蜜と生クリームで濃厚な味です。しかし、ブランデーのアルコールとベネディクティンDOMの薬草が効いていて、思ったよりもすっきりしています。

 名前の由来はズームとベネディクティン(Benedictine)のBを合わせて、ビーズームです。

 

●ヤマシタシ的こだわり

・シェークするときの材料の総量は60ml、比率は1:1:1

・シェークに使う氷はかち割氷

・生クリームを使うのでよくシェークする

【ステイホーム】自宅で作れる簡単カクテル(カシスリキュール編)

f:id:cix13045:20200504111655p:plain●はじめに

 お題「#おうち時間」にちなんで、自宅で作れる簡単カクテル(カシスリキュール編)を紹介したいと思います。おしゃれなカクテルでなく、あくまで簡単に作れるカクテルに焦点を当てていきます。

 

●今回紹介するリキュール

 今回紹介するリキュールはカシスリキュールです。おそらく誰でも聞いたことがあると思います。ミニボトルも売ってるので入手しやすいと思います。

 

●有名な簡単カクテル

 有名なカクテルから紹介していきます。バーに行ったことがなくても、居酒屋などで聞いたことがあると思います。オレンジジュースと炭酸水と牛乳で割っただけのカクテルですが、他にもグレープフルーツジューストニックウォーターで割っても美味しいと思います。

 

●カクテルの作り方

・最初にグラスに氷を入れます。

・次にカシスリキュールを入れます。

・次にジュースを入れます。

・次に材料を混ぜます

・最後に飲みます

 

●よりこだわる人の場合

・冷たいほうがおいしいため、カシスリキュールは冷蔵しておきます

・氷は解けにくいようにかち割氷を使います。

・炭酸を使う場合はかき混ぜすぎると飛んでしまいます。炭酸が飛ばない程度に混ぜます(1周か2周)。炭酸の泡の力で底の液体が持ち上げられて、ある程度は混ざるのでそんなに混ぜなくても大丈夫です。

 

●カクテルのレシピ

●カシスオレンジ

・カシスリキュール・・・60ml

・オレンジジュース・・・グラスいっぱい

 

●カシスソーダ

・カシスリキュール・・・60ml

・炭酸水・・・グラスいっぱい

 

●カシスミルク

・カシスリキュール・・・60ml

・牛乳・・・グラスいっぱい

 

●少し凝ったカクテル

 上のレシピは2種類の材料を混ぜるだけですが、もう少し凝ったカクテルも紹介しようと思います。ヤマシタシのオリジナルカクテルを主に紹介します。

 

●カシスフィズ(オリジナルカクテル)

・カシスリキュール・・・40ml

・レモンジュース・・・10ml

・シュガーシロップ・・・10ml

・炭酸水・・・グラスいっぱい

 ジンフィズのジンをカシスに変えたものです。カシスソーダに一手間加えたものです。レモンジュースが入ることにより、カシスソーダよりもすっきりしています。炭酸水以外はシェークして欲しいですが、混ざればしなくても大丈夫です

 

●カシスモーニ(オリジナルカクテル)

・カシスリキュール・・・60ml

グレープフルーツジュース・・・グラス半分

トニックウォーターグラス・・・半分

 スプモーニカンパリをカシスリキュールに変えたものです。甘いカシスリキュールを苦味があるグレープフルーツジューストニックウォーターで割ったものです。甘いですが、とてもすっきりと飲めると思います。

 

●終わりに

 カシスリキュールで色々なカクテルを作ることができると分かったと思います。今回はカシスリキュールを紹介しましたが、他にもピーチリキュール、メロンリキュールなどにも応用が効きます。試してみてください。

 

●ヤマシタシ的まとめ

・カシスリキュールは入手しやすく、ミニボトルも売ってる

・カシスリキュールで有名なカクテルからオリジナルカクテルまで作ることができる

・カシスリキュール以外のリキュールにも応用できる

【ステイホーム】自宅で作れる簡単カクテル(ウォッカ編)

f:id:cix13045:20200504111655p:plain
●はじめに

 お題「#おうち時間」にちなんで、自宅で作れる簡単カクテル(ウォッカ編)を紹介したいと思います。おしゃれなカクテルでなく、あくまで簡単に作れるカクテルに焦点を当てていきます。

 

●なぜウォッカなのか

 ウォッカは一般的に無味無臭のお酒です。なので一緒に入れるジュースなどの副材料の味の邪魔をしません。なんのジュースと合わせてもそれなりに飲むことができます。ただ、アルコール度数が40%あるので入れすぎには注意です。

 

●カクテルの作り方

・最初にグラスに氷を入れます。

・次にカシスリキュールを入れます。

・次にジュースを入れます。

・次に材料を混ぜます

・最後に飲みます

 

●よりこだわる人の場合

・冷たいほうがおいしいため、ウォッカは冷凍しておきます(トロトロになります)

・氷は解けにくいようにかち割氷を使います。

・炭酸を使う場合はかき混ぜすぎると飛んでしまいます。炭酸が飛ばない程度にステア(混ぜる)します(1周か2周)。炭酸の泡の力で底の液体が持ち上げられて、ある程度は混ざるのでそんなに混ぜなくても大丈夫です。

 

●カクテルのレシピ

●モスコミュール

ウォッカ・・・60ml

ジンジャーエール・・・グラスいっぱい

 

 

スクリュードライバー

ウォッカ・・・60ml

・オレンジジュース・・・グラスいっぱい

 

●ブラッディメアリー

ウォッカ・・・60ml

・トマトジュース・・・グラスいっぱい

 

●パープルパッション

ウォッカ・・・60ml

・グレープジュース・・・グラス半分

グレープフルーツジュース・・・グラス半分

 

ソルティドッグ

ウォッカ・・・60ml

グレープフルーツジュース・・・グラスいっぱい

・塩・・・グラスのふちに付ける用

 

●ソルトリック

ウォッカ・・・60ml

グレープフルーツジュース・・・グラス半分

トニックウォーター・・・グラス半分

・塩・・・グラスのふちに付ける用

 

●終わりに

 上のレシピを見るとわかる通り、ウォッカはどんなジュースとも合うことが分かります。ぜひ作ってみてください。

 

●ヤマシタシ的まとめ

ウォッカはどんなジュースとも合う

・カクテルを作るのは簡単

・こだわるとより美味しい

【カクテル】モスコミュール(ジンジャービア版)

f:id:cix13045:20200504101119j:plain

●由来

 ミュール(Mule)とはラバのことです。キックの強い飲み物の意味もあります。

 

●ヤマシタシ的レシピ

ウォッカ・・・60ml

・ジンジャービア・・・グラスいっぱい

 

●日本バーテンダー協会レシピ

ウォッカ・・・45ml

・ライムジュース・・・15ml

・ジンジャービア・・・適量

 

●ヤマシタシ的作り方

 全部の材料を混ぜるだけです。

 かき混ぜすぎると炭酸が飛んでしまいます。炭酸が飛ばない程度にステア(混ぜる)します(1周か2周)。炭酸の泡の力で底の液体が持ち上げられて、ある程度は混ざるのでそんなに混ぜなくても大丈夫です。

 ウォッカはあらかじめ冷凍しておきます。冷えているほうがおいしくできるからです。氷は解けにくいようにかち割氷を使いましょう。

 

●ヤマシタシ的感想

 ジンジャービアが手に入ったので、作ってみました。

 味は通常のジンジャーエール(辛口)よりも甘いです。でも甘口よりも生姜の感じがします。ヤマシタシ的にやっぱり辛口のジンジャーエールを使うのが好みです。

 ウォッカジンジャーエールだけで作れるので、手軽に作れます。一度作ってみてください。 

 

 ●ヤマシタシ的こだわり

・混ぜすぎない

ウォッカは凍らせておく

・氷はかち割氷、ジンジャーエールは辛口のものを使う

【オリジナルカクテル】リモグルト

f:id:cix13045:20200502135657j:plain

●ヤマシタシ的レシピ

・ヨーグルトリキュール・・・40ml

・レモンリキュール・・・20ml

 

●ヤマシタシ的作り方

 全ての材料をシェークするだけです。シェークに使う氷はかち割氷を使いましょう。

 材料の総量と比率ですが材料が2つなので、以下のルールを守ります。

 ・材料の総量は60ml

 ・材料の比率は2:1

 今回もヨーグルトリキュール40ml、レモンリキュール20mlで総量は60ml、比率は2:1になっています。

 

●ヤマシタシ的感想

 味は甘酸っぱいです。ヨーグルトリキュールの甘酸っぱさ、レモンリキュールの酸っぱさとほろ苦さが合わさって、とてもすっきりと飲むことができます。ヤマシタシ的にヨーグルトとレモンなので合わないはずがないと思って作ってみましたが、予想どおりでした。

 レモンリキュールがアルコール強めなので、強くない人は以下のレシピを参考にしてください。

・ヨーグルトリキュール・・・40ml

・レモンジュース・・・10ml

・シュガーシロップ・・・10ml

 

 名前の由来としてはリモンチェロ(レモンリキュール)とヨーグルトリキュールを合わせてリモグルトです。ペシェグルトに大きな影響を受けています。

 

●ヤマシタシ的こだわり

・シェークするときの総量は60ml、比率は2:1

・シェークに使う氷はかち割氷

【オリジナルカクテル】ジンフィズ(レモンリキュール版)

f:id:cix13045:20200427205045j:image

●ヤマシタシ的レシピ

・ジン・・・40ml

・レモンリキュール・・・20ml

・炭酸水・・・グラスいっぱい

 

●ヤマシタシ的作り方

 ジンは凍らせておくと、シェークしたときに氷が溶けにくいです。

 まずは炭酸水以外をシェークします。次に氷を入れたグラスにシェークしたものを注ぎ、炭酸水で満たします。その後、炭酸が飛ばない程度に混ぜます(1周か2周)。炭酸の泡の力で底の液体が持ち上げられて、ある程度は混ざるのでそんなに混ぜなくても大丈夫です。

 氷は解けにくいようにかち割氷を使いましょう

 シェークする総量と比率ですが、総量と比率ですが材料が2つなので、以下のルールを守ります。

 ・材料の総量は60ml

 ・材料の比率は2:1

 今回もジン40ml、レモンリキュール20mlで2:1になっています。

 

●ヤマシタシ的感想

 味は通常のジンフィズよりもスッキリしています。シュガーシロップが入らないこととレモンリキュールが持つほろ苦さのおかげだと思います。また、ジンの風味も効いています。ジンフィズが甘いと感じる方におススメです。

 簡単に作れますが、もっと簡単に作りたい人、アルコール強くない人はジン抜きでも美味しいと思います。

 

●ヤマシタシ的こだわり

・シェークするときの総量は60ml、比率は2:1

・ジンは冷凍しておく

・混ぜすぎない

・氷はかち割氷を使う

【更新】久しぶりの更新&8000アクセスありがとうございました

f:id:cix13045:20200323222950j:image

●はじめに

 前回の更新からだいぶ時間が経ってしまいました(約3ヵ月)。

 というのも、実はこのブログを始めたのは休職中だったからです。前回の更新から復職、もうすぐ同棲、もうすぐ引っ越しと人生のイベントが立て続けに起こったからです。

 今日、カクテルについて久しぶりに思うことがあったので更新します(これからは週1更新はしたいです)。

 とりあえず、今の酒棚を載せておきました。

 あと8000アクセスありがとうございました。

f:id:cix13045:20200323230653p:image

 

●ブログを更新するきっかけ

 

 いつも通りお酒を飲んでいたら、アラスカが自分の家でも作れるのではと思いつきました。

 

●アラスカ

・ジン・・・40ml

シャルトリューズジョーヌ(黄)・・・20ml

 

 このレシピを見たときにシャルトリューズのジョーヌは薬草種で蜂蜜が効いているから、我が家にあるベネディクティンDOM(薬草種で蜂蜜が効いてる)で代用できるかもしれないと思いました。このときリキュールの名前だけではなくそのリキュールの本質が何なのかでカクテルを考えることができたと感じました。この記事を書いた後でもう一度カクテルの本をひっくり返してみようと思います。

 使われるリキュールの名前にとらわれず、本質をとらえることができたら、カクテルのことをもっと深く考えることができるかもしれないと思ったのが、ブログを更新するきっかけです。

 

 

●ヤマシタシの味覚の変化

 

 ヤマシタシといえば 、甘いカクテルが好きでした(過去の酒棚参照)。

f:id:cix13045:20191028200159j:plain

 それぞれのお酒を解説すると、ジン(スピリッツ)、ウォッカ(スピリッツ)、ブランデー(スピリッツ)、カカオリキュール、アマレットカルーアベネディクティンDOM、ウィスキー(カナディアン)、バナナリキュール、チェリーリキュールとなります。

 ここでの味覚の変化とは甘いだけのリキュールでは飲み飽きるということです。もう一度いまの酒棚を見てみましょう

f:id:cix13045:20200323222950j:image

 スピリッツはそんなに変わりませんが、甘いリキュールがけっこう無くなりました。残ったリキュールについて解説します。

・カカオリキュール

 ヤマシタシがカクテルを作り出すきっかけとなったリキュール。甘くカカオの香ばしさを感じるリキュール。やっぱりホワイトカカオよりブラウンカカオが好きです。これは残したいと思い、残しました。

 

 

ベネディクティンDOM

  ベネディクティンDOMはブランデーをベースに、ジュニパーベリーやハッカを始め、多数の香草や薬草を漬け込んで作られたリキュールです。アルコール度数は約40度です。薬草系リキュールの代表的な存在であり、蜂蜜の甘さと多数の香草や薬草が感じられます。

 ただ蜂蜜の甘さを感じるだけでなく、薬草も感じることから残しました。

 

・ルクサルドエスプレッソ

 ルクサルドエスプレッソは強い苦味を持っているイタリア伝統のエスプレッソリキュール(コーヒーリキュール)です。

 カルーアは甘いだけのリキュールですが、ルクサルドエスプレッソは苦みがあります。他の苦いコーヒーリキュールは多々あると思いますが、おそらくルクサルドマラスキーノと同じメーカーなので選びました。

 子供のころはコーヒーリキュールは苦いものと思っていましたが、カルーアを飲んでその印象が一変しました。甘すぎて期待外れでした。しかし、この年齢(27歳)になってやっと、エスプレッソリキュールという苦いコーヒーリキュールもあると知りました。たぶん子供のころ思っていたコーヒーリキュールの味だと思います。ヤマシタシはもともとブラックコーヒーが好きで、このリキュールは苦みがあるので飲み飽きることがありません。なので残しました。

 

 

●ヤマシタシ的まとめ

・人生のイベントから更新できませんでした(休職→復職→引っ越し→同棲)

・8000アクセスありがとうございました

・カクテルの本質に一歩近づく(使われるリキュールの名前にとらわれない)

・ヤマシタシの味覚の変化(甘いだけではダメ)

・がんばって週1更新したいです